総務課、総務部で仕事をする上で、あったら役に立つ資格を紹介しています。

社会保険労務士

社会保険労務士(通称:社労士)は、国家試験の中で、もっとも総務の実務とマッチした資格だといえます。

社会保険労務士の仕事の中には、労働関連・社会保険関連の書類の作成、関係役所への提出、採用、賃金、退職金、労働時間などの労務管理、会保険、年金などなど、総務に関係する業務が多く含まれます。

人事、労務のエキスパートとして、企業の経営を支える存在です。

難易度の高い試験なので、独学で取得するにはかなりの根性が必要ですが、チャレンジする価値のある試験です。

総務での役立ち度★★★
難易度★★★
試験種別国家試験
試験時期毎年1回・例年8月第4日曜日
受験資格 短大卒と同等以上の方なら、どなたでも受験ができます。
また学歴による受験資格がなくても、一定の実務経験があれば受験できます。

受験資格の詳細は、社会保険労務士試験センターのホームページをご覧ください。
試験内容 * 労働基準法
* 労働安全衛生法
* 労働者災害補償保険法
* 雇用保険法
* 労働保険の保険料の徴収等に関する法律
* 労務管理その他の労働に関する一般常識
* 健康保険法
* 厚生年金保険法
* 国民年金法
* 社会保険に関する一般常識
以上の10科目
受験手続き 例年4月中旬以降に、関係機関より受験案内が配布されますので、各自ご請求のうえ、所定の期間内(例年5月末頃まで)に受験手続をとることが必要です。

詳しくは、社会保険労務士試験センターのホームページをご覧ください。
受験料9,000円
主催社会保険労務士試験センター


最短で社会保険労務士合格を目指すには、専門の学校・スクール・通信講座で学ぶのがいちばん!
キャリアップのための資格習得は、独学ではなかなか進まないものです。
資格取得に必要不可欠な知識や、効率的な勉強法などが学べる、社労士資格の学校・スクール・通信講座は全国にあります。
本気で合格を目指せる社労士講座は、下記で検索できます。↓↓↓

TOPPAGE  TOP 
RSS2.0