総務課、総務部で仕事をする上で、あったら役に立つ資格を紹介しています。

税理士

税理士は、税理士法によって定める国家試験で、税務・会計のエキスパートとして、企業の経営には必ず必要となる存在です。

事業に係わる税金は多種多様であり、またその内容も頻繁に改正されています。税理士は、これらの税金に関わる税務書類の作成などを含め、企業経営全体のコンサルティングという役割もになうことになります。

資格試験としては、難関な部類にはいりますが、一科目ずつ受験できることもあり、じっくりとチャレンジしてみたい資格のひとつです。

総務での役立ち度★★★
難易度★★★
試験種別国家試験
試験時期8月上旬(3日間に渡って行われます。)
受験資格学識による受験資格
  1. 大学又は短大の卒業者で、法律学又は経済学を1科目以上履修した者
  2. 大学3年次以上で、法律学又は経済学を1科目以上含む62単位以上を取得した者
  3. 一定の専修学校の専門課程を修了した者で、法律学又は経済学を1科目以上履修した者
  4. 司法試験合格者
  5. 公認会計士試験の短答式試験に合格した者

資格による受験資格
  1. 日商簿記検定1級合格者
  2. 全経簿記検定上級合格者

職歴による受験資格
  1. 法人又は事業行う個人の会計に関する事務に3年以上従事した者
  2. 銀行、信託会社、保険会社等において、資金の貸付け・運用に関する事務に3年以上従事した者
  3. 税理士・弁護士・公認会計士等の業務の補助事務に3年以上従事した者
試験内容 税理士試験全11科目中5科目に合格すると、税理士試験合格となります。

必須科目
簿記論および財務諸表論

選択必須科目
(最低1科目を選択、2科目選択も可能)
法人税法
所得税法

選択科目
相続税法
固定資産税
酒税法または消費税法
事業税または住民税
国税徴収法
受験手続き 札幌、仙台、関東信越、東京、金沢、名古屋、大阪、広島、高松、福岡、熊本、沖縄の各国税局にて受験申込用紙を入手。上記の国税局のうち、試験を受けようとする受験地を管轄する国税局に郵送もしくは、国税電子申告・納税システム(e-Tax)で申込みします。
受験料 1科目:¥3,500
2科目:¥4,500
3科目:¥5,500
4科目:¥6,500
5科目:¥7,500
主催国税審議会


最短で税理士合格を目指すには、専門の学校・スクール・通信講座で学ぶのがいちばん!
キャリアップのための資格習得は、独学ではなかなか進まないものです。
資格取得に必要不可欠な知識や、効率的な勉強法などが学べる、税理士資格の学校・スクール・通信講座は全国にあります。
本気で合格を目指せる税理士講座は、下記で検索できます。↓↓↓

TOPPAGE  TOP 
RSS2.0