総務課、総務部で仕事をする上で、あったら役に立つ資格を紹介しています。

公認会計士

公認会計士は、会計の専門家として、監査、財務、経理、税務など多岐にわたる業務を担当します。なかでも、監査業務が行える唯一の国家試験です。

財務書類の作成、財務に関する調査・立案・コンサルティングなどを行い、企業経営には、なくてはならない存在です。

公認会計士は、極めて専門的な知識が必要とされるため、司法試験に匹敵するほどの難関といわれていますが、チャレンジし甲斐のある資格だといえます。

総務での役立ち度★★★
難易度★★★
試験種別国家試験
試験時期短答式試験:5月末の日曜日
論文式試験:8月(3日間で行われます)
受験資格誰でも受験できます。
試験内容短答式試験
財務会計論(簿記、財務諸表論その他の内閣府令で定める分野の科目)
管理会計論(原価計算その他の内閣府令で定める分野の科目)
監査論
企業法(会社法その他の内閣府令で定める分野の科目)

論文式試験
会計学
監査論
企業法(会社法その他の内閣府令で定める分野の科目)
租税法(法人税法その他の内閣府令で定める分野の科目)
経営学、経済学、民法、統計学 から1科目選択
受験手続き受験願書を受験しようとする場所を管轄する財務局理財課等あてに、郵便局の窓口で簡易書留(又は書留)扱いにして発送して下さい。
受験願書用紙は、財務局理財部理財課(関東財務局理財部理財第1課、近畿財務局理財部理財第1課、福岡財務支局理財部理財課、沖縄総合事務局財務部理財課)にて入手できます。
受験料19,500円
主催公認会計士・監査審査会事務局


最短で公認会計士合格を目指すには、専門の学校・スクール・通信講座で学ぶのがいちばん!
キャリアップのための資格習得は、独学ではなかなか進まないものです。
資格取得に必要不可欠な知識や、効率的な勉強法などが学べる、公認会計士資格の学校・スクール・通信講座は全国にあります。
本気で合格を目指せる公認会計士講座は、下記で検索できます。↓↓↓

TOPPAGE  TOP 
RSS2.0