総務課、総務部で仕事をする上で、あったら役に立つ資格を紹介しています。

衛生管理者

衛生管理者は、労働条件や労働環境の、衛生的改善と疾病の予防処置等を担当し、事業所の衛生全般の管理をする役割を担います。

常時50人以上の労働者が働いている事業所(一部の業種は除く)では、衛生管理者の選任が義務付けられているので、該当する事業所であれば、必ず必要とされる資格です。

総務の業務のひとつである、従業員の労務管理のなかで、労働条件や労働環境に関する業務は、とても重要ですので、ぜひともチャレンジしておきたい資格です。

総務での役立ち度★★☆
難易度★★☆
資格種別労働安全衛生法による免許証
試験時期各地域の安全衛生技術センター(全国7ブロックに分けられている)にて、毎月1回から3回程度行なわれます。(実施日は各地域により異なる)
受験資格 次のうちいずれか一つに該当すれば、受験できます。

● 大学または高等専門学校(短大を含む)の卒業者:労働衛生の実務経験1年
● 高等学校の卒業者:労働衛生の実務経験3年
● 中学校の卒業者:労働衛生の実務経験10年
など

これ以外の受験資格の詳細は、(財)安全衛生技術試験協会の試験情報ページをご覧ください。
試験内容 第一種
労働衛生17問 ・関係法令17問 ・労働生理10問 (計44問)

第二種
労働衛生10問 ・関係法令10問 ・労働生理10問 (計30問)
受験手続き財団法人 安全衛生技術試験協会、もしくは、各地域の安全衛生技術センターにて受験申請書を入手し、受験を希望するセンターに提出します。
受験料8,300円
実施団体財団法人 安全衛生技術試験協会



TOPPAGE  TOP 
RSS2.0