総務課、総務部で仕事をする上で、あったら役に立つ資格を紹介しています。

中小企業診断士

中小企業診断士は、経営コンサルタントとして認められた、唯一の国家資格です。

その試験内容は、経営やマーケティング全般におよんでおり、経営に関する幅広い知識が要求されます。総務が関わる、経営に関する業務は、中小企業診断士の試験範囲で、ほとんど網羅されているといえます。

試験の難易度はかなり高いため、通学、通信教育などによって試験勉強をすすめられることをオススメします。

総務での役立ち度★★★
難易度★★★
試験種別国家試験
試験時期 一次申込受付:例年5月下旬から6月上旬頃
二次申込受付:例年9月上旬から中旬頃
一次試験(マークシート方式):例年8月上旬の2日間(3年以内に全科目合格すればOK)
二次試験(筆記式・口述式):例年10月下旬、12月中旬の各1日間
受験資格 制限なし
年齢・学歴・実務経験に関係なく、誰でも受験できます。
試験内容 一次
・経済学・経済政策
・財務・会計
・企業経営理論
・運営管理(オペレーション・マネジメント)
・経営法務
・経営情報システム
・中小企業経営・中小企業政策

二次
・中小企業の診断及び助言に関する実務の事例1
・中小企業の診断及び助言に関する実務の事例2
・中小企業の診断及び助言に関する実務の事例3
・中小企業の診断及び助言に関する実務の事例4
受験手続き社団法人中小企業診断協会にて願書を入手、提出してください。
受験料 一次: 14,400円
二次: 17,900円
主催社団法人 中小企業診断協会


最短で中小企業診断士合格を目指すには、専門の学校・スクール・通信講座で学ぶのがいちばん!
キャリアップのための資格習得は、独学ではなかなか進まないものです。
資格取得に必要不可欠な知識や、効率的な勉強法などが学べる、中小企業診断士資格の学校・スクール・通信講座は全国にあります。
本気で合格を目指せる中小企業診断士講座は、下記で検索できます。↓↓↓

TOPPAGE  TOP 
RSS2.0