総務課、総務部で仕事をする上で、あったら役に立つ資格を紹介しています。

弁理士

弁理士は、特許に関する専門家で、「特許」、「実用新案権」、「意匠権」、「商標権」などの権利化をすることが主な仕事です。

発明したものや考えた商標が、すでに登録されていないかの調査や、特許庁への出願手続代理などを行います。

製造業など、知的財産関連の業務を行う必要がある会社では役に立つ資格です。

難易度は極めて高く、弁護士に次ぐ難しさだと言われています。

総務での役立ち度★☆☆
難易度★★★
試験種別国家試験
試験時期 受験願書配布  :3月上旬-4月上旬
(インターネット願書請求は2月上旬-3月下旬)
受験願書受付  :4月上旬
短答式筆記試験:5月中旬-下旬
論文式筆記試験:必須科目 6月下旬-7月上旬
選択科目 7月下旬-8月上旬
口述試験:10月中旬-下旬
受験資格特にありません
(学歴、年齢、国籍等による制限は一切ありません)
試験内容短答式筆記試験
・ 工業所有権(特許、実用新案、意匠、商標)に関する法令
・ 工業所有権に関する条約
・ 著作権法
・ 不正競争防止法

論文式筆記試験
・ 工業所有権に関する法令
(1) 特許・実用新案に関する法令
(2) 意匠に関する法令
(3) 商標に関する法令
(4) 選択科目(下記6科目より1科目選択)
  1. 理工I(工学):基礎材料力学、流体力学、熱力学、制御工学、基礎構造力学、建築構造、土質工学、環境工学
  2. 理工II(数学・物理):基礎物理学、計測工学、光学、電子デバイス工学、電磁気学、回路理論、エネルギー工学
  3. 理工III(化学):化学一般、有機化学、無機化学、材料工学、薬学、環境化学
  4. 理工IV(生物):生物学一般、生物化学、生命工学、資源生物学
  5. 理工V(情報):情報理論、情報工学、通信工学、計算機工学
  6. 法律(弁理士の業務に関する法律):民法、民事訴訟法、著作権法、不正競争防止法及び私的独占の禁止及び公正取引の確保に関する法律、行政法、国際私法

口述試験
・工業所有権に関する法令
(1)特許・実用新案に関する法令
(2)意匠に関する法令
(3)商標に関する法令

受験手続き法務局又は地方法務局の総務課にて受験申請書類を入手し、筆記試験を受験しようとする試験場の所在地(受験地)を管轄する法務局又は地方法務局の総務課に受験票を提出してください。郵送での申請も可能です。
受験料12,000円
主催特許庁


最短で弁理士合格を目指すには、専門の学校・スクール・通信講座で学ぶのがいちばん!
キャリアップのための資格習得は、独学ではなかなか進まないものです。
資格取得に必要不可欠な知識や、効率的な勉強法などが学べる、弁理士資格の学校・スクール・通信講座は全国にあります。
本気で合格を目指せる弁理士講座は、下記で検索できます。↓↓↓

TOPPAGE  TOP 
RSS2.0