総務課、総務部で仕事をする上で、あったら役に立つ資格を紹介しています。

情報処理技術者

情報処理技術者試験は、経済産業省が、情報処理技術者としての「知識・技能」の水準がある程度以上であることを認定している国家試験の総称です。

実際には、業務の役割、期待される技術水準及びレベルにより、12種類の試験区分に分けられており、このなかから、自分に適したものを選んで受験します。

会社によっては、会社で取り扱うさまざなデータベースの管理や、ホームページの運用、また情報セキュリティの整備などを、総務が担当する場合もあります。

現代では、事務的な仕事は、コンピュータなしでは、成り立たなくなっていますので、情報処理に関する知識も、ぜひとも身につけておきたいものです。

総務での役立ち度★☆☆
難易度★★☆
試験種別国家試験
試験時期春期試験(4月第3日曜日)
秋期試験(10月第3日曜日)の年2回実施
受験資格どなたでも受験できます。
試験内容 業務の役割,期待される技術水準及びレベルにより、12種類の試験区分に分けられています。
・ITパスポート試験
 実施時期:春秋

・基本情報技術者試験
 実施時期:春秋

・応用情報技術者試験
 実施時期:春秋

・ITストラテジスト試験
 実施時期:秋

・システムアーキテクト試験
 実施時期:秋

・プロジェクトマネージャ試験
 実施時期:春

・ネットワークスペシャリスト試験
 実施時期:秋

・データベーススペシャリスト試験
 実施時期:春

・エンベデッドシステムスペシャリスト試験
 実施時期:春

・情報セキュリティスペシャリスト試験
 実施時期:春秋

・ITサービスマネージャ試験
 実施時期:秋

・システム監査技術者試験
 実施時期:春

受験手続き インターネットもしくは、郵送にて申込みにてしてください。

郵送による申込み
・書店・協力事業所もしくは、試験センター支部にて願書を入手し、試験センター支部に郵送してください。

インターネットによる申込み
・独立行政法人 情報処理推進機構 情報処理技術者試験センターのホームページより、インターネット経由で申込みします。
受験料5,100円
実施団体独立行政法人 情報処理推進機構


最短で情報処理技術者合格を目指すには、専門の学校・スクール・通信講座で学ぶのがいちばん!
キャリアップのための資格習得は、独学ではなかなか進まないものです。
資格取得に必要不可欠な知識や、効率的な勉強法などが学べる、情報処理技術者資格の学校・スクール・通信講座は全国にあります。
本気で合格を目指せる情報処理技術者講座は、下記で検索できます。↓↓↓

TOPPAGE  TOP 
RSS2.0