総務課、総務部で仕事をする上で、あったら役に立つ資格を紹介しています。

司法書士

司法書士は、司法書士法に基づいた、法律の専門家として、さまざまな登記申請や、法律に関するアドバイスを行います。

とくに企業が活動していく上でも、企業法務などの、法律に関するスペシャリストの存在は重要ですし、コンプライアンス(法令遵守)、CSR(企業の社会的責任)などの重要性が増している近年では、法律に関する知識がなくてはならないものとなっています。

法律の専門家といえば、弁護士も挙げられますが、弁護士は受験資格が厳しく、合格までにかなり長い時間を必要とします。弁護士に比べると、司法書士は、誰でも受験でき、その気になれば短期間での合格も可能です。

総務での役立ち度★★☆
難易度★★★
試験種別国家試験
試験時期年1回
7月上旬に筆記試験
10月中旬に口述試験(筆記試験の合格者のみ)
受験資格年齢・性別・学歴等を問わずどなたでも受験できます。
試験内容憲法、民法、商法(会社法)、刑法、 不動産登記法、商業登記法、 供託法、民事訴訟法、民事執行法、民事保全法、 司法書士法
受験手続き郵便または申請書を配布している法務局・地方法務局の総務課で『受験申請書』の交付を受け(例年4月)、受験申請受付期間(例年5月中旬)内までに受験手続をとることが必要です。
受験料6,600円
主催法務省


最短で司法書士合格を目指すには、専門の学校・スクール・通信講座で学ぶのがいちばん!
キャリアップのための資格習得は、独学ではなかなか進まないものです。
資格取得に必要不可欠な知識や、効率的な勉強法などが学べる、司法書士資格の学校・スクール・通信講座は全国にあります。
本気で合格を目指せる司法書士講座は、下記で検索できます。↓↓↓

TOPPAGE  TOP 
RSS2.0