スーツ選びのポイント

■スーツ■

入社式で着るスーツに限らず、スーツ選びの一番のポイントは、自分の体型にサイズがしっかり合っているということです。サイズがしっかり合っていると、清潔感がでるので好感度もアップします。体型の大きめな人は、体型を隠そうとして大きなサイズを選びがちですが、それだと逆効果です。自分の体型にしっかり合ったスーツを選びましょう。
高級なスーツを買っても、サイズが合っていないと安っぽく見えてしまいます。逆に安めのスーツでも、サイズがぴったり合っているほうがかっこよく見えます。 青山などの紳士服チェーンだと、サイズのバリエーションが多いので、きっとぴったりのスーツが見つかります。

スーツの色に関しては、いろいろあって迷ってしまいますが、ビジネススーツとしては、グレーの三色が一般的です。そしてストライプなどの入っていない、無地のものが基本です。

スタイリングについては、三つボタン又は二つボタンの、シングルタイプを選んでおけば大丈夫です。スーツはこちら>>>

 


 

■スラックス■

スラックスの裾の長さは長すぎず、短かすぎず、サイドのラインがきれいに出るぐらいがちょうどいいです。
立ったときに靴下が見えないことが、ビジネスウェアでは鉄則です。スラックスはこちら>>>

 


 

■シャツ■

ビジネスウェアでは、シャツは白が基本です。若手のうちは、なるべく白で通しましょう。
時々、一番上のボタンをはずしている人を見かけますが、ネクタイをしていてもかなり目立ちます。これはだらしない印象を与えてしまうので、シャツのボタンは必ず一番上まで締めましょう。シャツはこちら>>>

 


 

■ネクタイ■

入社式で着たスーツは、そのまま実務でも着用することになると思います。
入社して間もないころは、スーツも1-2着しか用意できないと思うので、ネクタイでバリエーションをつけましょう。ストライプで色の違うものを、3本ぐらい用意しておくと便利です。ネクタイはこちら>>>

 


 

■シューズ■

黒がベストです。茶色のシューズは、ある程度、職場の雰囲気に慣れてからでいいと思います。

汚れた靴はNGです。好感を与えるためには毎日磨いてあげるようにしましょう。シューズはこちら>>>

 


 

■ベルト■
belt_mini.jpg

ベルトはシューズと同じ色で統一します。バックルの形はシンプルなものがいいです。
ベルトはこちら>>>

 

 


 

■おすすめスーツ■

初任給をもらうまでは、スーツにもあまりお金はかけられないだろうと思います。
かといって安っぽくみえるスーツも、あまり着たくないですね。
AOYAMAのスーツは、生地選びから縫製まで、じっくりと作りこまれた高品質のスーツです。
それでいて、リーズナブルな価格なうえ、アウトレットなどもあるので、財布にもやさしいです。
一着目のスーツとしてもぴったりですが、これからビジネスマンとして、長い間付き合っていくスーツとしてもおすすめです。


TOPPAGE  TOP 
RSS2.0

入社式スーツ人気ショップ

 

紳士服業界最大手!フレッシャーズキャンペーン実施中。


 

佐藤可士和氏プロディース。主張しすぎないおしゃれ感が最高です。細めのスーツが好きな人には、ぴったり。


 

コナカのアウトレットショップ。ぴったりのサイズが見つかれば、かなりお得です。

ご案内